衣装の靴は自由です。

衣装の柄を見て、自分なりのコーディネートを楽しんでください。ただし、もちろんことですが、動きやすく、疲れにくいものにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました